ホーム > 住宅ローンの金利3タイプ

住宅ローンの金利3タイプ

住宅ローンの金利3タイプ

家を建てると決めたら、多くの方が住宅ローンを組むことになるはずです。住宅ローンには大きく分けて3つの金利タイプがあり、適用される金利や将来への影響度が大きく違います。それぞれの特徴についてご紹介します。

全期間固定金利型

借り入れから完済するまでの全期間において、金利が固定されるタイプです。全期間の返済額が分かるためライフプランが立てやすく、低金利時に契約すれば長期にわたって低金利のメリットが得られます。

一方、高金利時に借りてしまうと将来にわたって高金利の返済額が確定し、金利が下がってもその恩恵を受けることはできません。将来的な資金計画を立てたい方、返済額がアップするのは不安な方に向いているといえます。

変動金利型

金利が1年に2回見直され、金利動向の影響を受けるタイプです。毎回の返済額は5年間変わりませんが、急激な金利値上がりの影響を受けると、元本がなかなか減らずにトータルの返済額が増えてしまうというリスクがあります。その反面、一時的に金利が下がれば返済額も減少し、早めに元金を減らすことができます。

借入時の金利は、固定金利よりも低く設定されるのが一般的です。金利の変動をチェックするのが苦にならない方、先を見越した資産管理が得意な方に向いているでしょう。

固定期間選択型

2・3・5・10・15・20年などの一定期間に固定金利を適用し、期間が終了した時点の金利に合わせて、変動金利・固定金利から選べるタイプです。変動金利と固定金利の中間的存在といえます。契約時には、何年の固定にするかを決める必要があります。現在は返済額を抑えたいが、数年後には金利上昇に対応できるという方に向いています。

富山県高岡市にありますオフィスかんざいでは、住宅ローンのご相談を承っております。ファイナンシャルプランナー(FP)が家を買う側に立って、客観的にアドバイスいたします。初回相談は無料ですので、富山県で住宅ローンに関することなら、お気軽にご相談ください。

家を建てる前にご相談!

オフィスかんざいは、お金で失敗しない家選び、ファイナンシャルプランニングを応援!消費者、生活者の立場を第一に考えたサービスを提供します。お気軽にお問い合わせください。

インターネットからのお申込み 相談を申し込む
ページトップ